動画マーケティング

SNSでの動画マーケティングで高い効果を期待できるのはなぜ?

SNSは、今や誰もが日常的に使っているサービスの一種。使わない日がないという人のほうが少ないのではないでしょうか。そんなSNSは、企業にとっても自社の名前やサービスを知ってもらうための有用なツールとして活用されています。中でも注目されているのが、SNSを使った動画マーケティングです。テキストではなく、制作した動画をSNSの公式アカウントから投稿し、集客やサービスの利用に繋げます。

テキストではなく動画を投稿する理由

SNS上では、多くの情報がリアルタイムで流れています。友人による投稿ならばともかく、企業の公式アカウントが投稿した内容は、テキストのみの場合、さらっと目を通しただけで内容を理解したように感じ、そのまま流してしまう方が大半です。

一方で動画は、一瞬では内容を判断しにくいため、少なからず企業に対して関心を持っている方は手を止め、どのような内容について投稿されているのか、数秒でも数十秒でも動画を閲覧します。このためテキストに比べて、マーケティングの効果が表れやすいと考えられているため、多くの企業に注目されています。

3つの主要なSNSの特徴

SNSといっても、いくつかの種類があります。主要なのはFacebook、Twitter、Instagramの3つです。ユーザーが多いため、動画マーケティングを実施する場合、この3つのいずれかを使用すると良いでしょう。

Facebook、Twitter、Instagramは、いずれも異なる特徴を持っています。以下、それぞれの特徴をご紹介します。ターゲットや訴求する内容に合わせて使い分けてください。

<Facebook>
Facebookは、実名で登録しているユーザーが多くいます。リアルの友人や知人との繋がりに重点を置いた利用がされているため、拡散された情報が信頼性の高いものとして認識されやすいです。医薬品や健康食品等、安心感が商品の購入やサービスの利用に繋がる場合は、Facebookの利用が適しています。

<Twitter>
リアルを超えたインターネット上のみの関係性を構築し、コミュニケーションをとっているユーザーが多いサービスです。そのため情報が拡散されやすい点が特徴として挙げられます。企業や商品、サービスの紹介よりも、話題性やインパクトを狙った動画を投稿したほうが、結果として高い効果を得られる可能性があります。

<Instagram>
「インスタ映え」という言葉があるように、絶景やグルメ等、魅力ある画像に注目が集まります。また女性のユーザーが多いため、ファッション関係やコスメ関係の動画は、主にInstagramに投稿されています。画像や動画が多く投稿されるため、関心を引くためにはオリジナリティのある内容が求められます。

映像制作はプロに依頼しましょう

動画マーケティングは、テキストのみの投稿に比べて大きなコストがかかります。動画マーケティングを実施する場合は、SNSの種類やターゲット、訴求したい内容によって適切な動画を制作しなければ、高い費用対効果を望めません。

プロの映像制作会社ならば、高いマーケティング効果を期待できる映像制作について熟知しているため、企業の希望にマッチした適切な動画が完成します。マーケティング用の動画を制作する際は、プロの映像制作会社に依頼しましょう。中でもエポックルは、撮影から編集まで、時代に即したクオリティの高い映像制作サービスを提供しているのでおすすめです。
【ホームページURL】https://epocl.jp/

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA